自分に合ったタイプの注文住宅の業者を選ぶ

自分に合うか検討しよう!ハウスメーカーの特徴とは!?

注文住宅を建てるときの窓口は、ハウスメーカーと工務店、そして建築設計事務所の3つのタイプがあります。それぞれ特徴は一緒ではないので、どのような業者なのかという理解を深め、自分に合ったタイプの業者を選ぶのがポイントです。ハウスメーカーは、会社の規模が大きく、社会的信用があります。住宅ローンや土地探し、引っ越しや設計、工事にいたるまで、しっかりとした提携先があるため、全てを安心して任せることができます。

家の材質や職人の質、家の完成度にいたるまで、一定以上の品質が保たれています。しかし、ある程度の住宅が規格化されているため、工務店や設計事務所よりは家づくりの自由度は低くなります。信用性がある業者のもとで、品質の良い注文住宅を建築したいならハウスメーカーが向いています。

工務店や設計事務所の特徴は?よく吟味して選ぼう

工務店は施工のみという業者や、設計こみで引き受けるところもあります。日本の伝統的な木造建築を強みにしている業者であり、昔ながらの木造軸組工法を採用しているところが多いです。技術が必要な建築方法なので、職人さんの腕によって家の完成度は左右することがあります。工務店は地域密着型が多く、設計デザインや材質などの融通が効きやすいです。家のデザインにこだわりたいなら、プロの建築士が在籍する設計事務所に依頼するのがおすすめです。狭い土地や歪な形の土地など、あらゆる立地でも、自由な発想で快適な居住空間をデザインすることが可能です。設計事務所では、家の設計が専門なので、施工は他の工務店に依頼することになります。

一戸建て住宅には、建売住宅と注文住宅があります。間取りやデザインを自分で考えたい場合は、注文住宅を選びます。