ちゃんと打ち合わせをする信頼関係を築ける業者を選ぶ

注文住宅だからこそ担当者との相性が重要

注文住宅には様々なメリットがあることで知られますが、やはり最も見逃せないのが、設計の自由度が高いことでしょう。家の間取りやデザインあるいは設備や予算などを含め、自分たちの条件やニーズを満たした、納得のいく家づくりを追求することができます。とはいえ、建築の知識に疎い素人の方にとって、自分たちだけで家づくりを進めていくのは、なかなか難しいと言えます。

そこで実際には住宅メーカーなどプロの業者にサポートしてもらうことで、自分たちの理想とする住まいを実現するのが、通常のケースです。その点、注文住宅の業者を選ぶにあたっては、幾つかの抑えるべきポイントがあります。例えば担当者との相性もその1つ。実績や技術力あるいは営業力など業者ごとに強みが異なるとはいえ、最後は担当者個々との相性が決め手になるケースも少なくありません。相性のよい担当者であれば良好な信頼関係の中で、スムーズな家づくりが期待できるからです。

担当者のどこを見極めるべきか

まず担当者がどれだけ自分たちの立場になって、親切丁寧な打ち合わせをしてくれるのか、しっかり見極めましょう。担当者の中にはノルマを達成するために強引に打ち合わせを進めようとしたり、知識や経験の浅さを難しい専門用語を使って誤魔化すなど、残念なケースがあるのも事実です。さらに大事なのが、担当者の人柄。誠意や熱意はもちろん優しさや穏やかさなども含め、この人なら家の完成後も長く信頼関係を築いていけると思わせる、そんな担当者を選ぶことが求められます。

そのためにはできるだけ数多くの業者と出会うことが欠かせません。例えば住宅メーカーや工務店が開催する見学会あるいは内覧会などへ、積極的に参加してみるのもよいでしょう。その場で自分たちの疑問や不安を対面で直接相談することで、担当スタッフの対応力や業者との相性のように、ネット情報や折込チラシではわからない生の情報を得ることが期待できます。

分譲住宅は不動産業者が所有地を区画して住宅を建て、土地とセットで販売するものです。建売住宅とほぼ同じ意味で使われますが、違いは分譲地に建てられたかどうかです。